過払い金回収のことならあつぎ司法書士事務所へ(全国対応 土日も営業 深夜まで無料相談受付)

過払い金サプリ

過払金とは 引き直し計算 過払金回収流れ 過払い金判例

過払い金返還請求訴訟費用(実費)

印紙代

訴状には、以下の金額に相当する収入印紙を貼って提出しなければなりません。

訴 額 印 紙 額 訴 額 印 紙 額
 10万円まで 1,000円  80万円まで 8,000円
 20万円まで 2,000円  90万円まで 9,000円
 30万円まで 3,000円  100万円まで 10,000円
 40万円まで 4,000円  120万円まで 11,000円
 50万円まで 5,000円  140万円まで 12,000円
 60万円まで 6,000円  160万円まで 13,000円
 70万円まで 7,000円  180万円まで 14,000円

5,000円以上の印紙を収めた場合で、かつ第一回目口頭弁論前に、訴えを取下げるなどして、事件が終了した場合には、還付手続をとれば、印紙額の一部が戻ってきます。


予納郵券

訴え提起するには、印紙のほかに、予納郵券(切手)を裁判所に収める必要があります。

必要な郵券の金額及び枚数は、裁判所により異なることもありますが、東京・神奈川・埼玉では、1件あたり6,000円分を納付します。(被告が複数名いる場合などは、より多くなります。)訴えを提起する前に一度裁判所に問い合わせるようにしましょう。

<私の場合>

1000円 3枚/500円 2枚/200円 4枚/100円 4枚/80円 5枚/50円 4枚/20円 5枚/10円 10枚

訴訟が終了すると、特別な手続きなしに裁判所から使わなかった切手が戻ってきます。


資格証明書

過払い金返還訴訟においては、通常相手方は法人(会社)であることが多いと思います。

この場合には、会社の代表者に関する資格証明書を添付しなければなりません。資格証明書は、法務局に行けば取得できますが、相手方の本店所在地及び商号がわからなければ取得できませんので、法務局に取得しに行く際には、しっかりと調べてから行くようにしてください。

なお、資格証明書は、1通 1,000円 です。



メール無料相談

メールによるご相談
はコチラから

メール相談フォーム


無料電話相談

平日9時〜23時
土日9時〜18時



面談相談

面談相談は事前予約制になります。

また、面談相談は30分あたり3,150円(税込み)の相談料を申し受けますので、まずは電話・メール相談の無料相談をご利用下さい。

月初,月末及び土日は予約が込み合いますので、お早めにご予約下さい。

〜予約方法〜

1.電話番号046−205−3493にお電話下さい。
2.当日お持ちいただきたい資料のご説明をします。
3.事務所地図はこちら